So-net無料ブログ作成

National Instruments PCMCIA-GPIBを購入 [おもちゃ]

National Instruments (日本ナショナルインスツルメンツ)のPCMCIA-GPIBカードを購入しました。[るんるん][るんるん]PCMCIA-GPIB.jpg
今どき、PCMCIAカードの名前すら知らない人が増えてきましたが、パソコンの(主にノートパソコン)インターフェースカードです。それのGPIB(IEEE488)インターフェース用がPCMCIA-GPIBカード(写真)です。

おなじみのYahoo!オークションで落札しましたが、なんと運賃込みの即決価格が¥660でした。運賃がEXPACK500なので、PCMCIA-GPIBは¥160と言うことになります。しかも、カード2枚とケーブル1本です。思わず、落札してしまいました。[ひらめき]
GPIBインターフェースは数社から出ていますが、何と言ってもNIです。安心して使えます。他社のインターフェースでうまく機能しなくてもNI社のならうまく動いた経験があります。もっと言うなら、NI以外は信用できません(ゴメン)。
使い勝手からいくと、GPIB-USB-HSが良いのですが、未だ現役のため安く入手できません(新品だと¥43,000[exclamation])。

そこで、なにに使うかと言うと、……GPIBといえば、計測器のインターフェースです。趣味で集めた計測器をGPIBでコントロールするために、PCIバス用のGPIBインターフェースをすでに持っていますが、PCMCIAがあるとノートパソコンからでもGPIBを制御できるのです。それが¥660で可能になるなら、躊躇することはありません。GPIB_MAX.jpg
早速、HP 3478A MULTIMETERをコントロールしてみました。手軽には、NI製のGPIBエクスプローラ(MAX)を使う方法です(写真・右)。
もう一つは、自作のMicrosoft Excelのマクロを使った、自動計測ソフトウェア "GPIB_datalogger.xls"の使用です。でも、このソフトはあまりに多機能に作ったため、久しぶりに使おうと思ったら、使い方がわからなくなっていました。ヘルプファイル(作っておいて良かった[exclamation×2])を読むことからのスタートになりました。[バッド(下向き矢印)]


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る