So-net無料ブログ作成

アジレント 82357B USB/GPIBインタフェース 購入 [おもちゃ]

アジレント 82357B USB/GPIBインタフェース(コントローラー)を購入しました。[るんるん]

アジレント82357B_2.jpg

 なんと、並行輸入品のせいか?新品なのに、Axxxxxで¥1万チョットと非常に安く売っていたので、”チャンス”とばかり買ってしまいました。まだ、在庫もあるようです。
正規に購入すると、¥7万~もするので、アマチュアには手が出ません。

そもそも、アジレント<Agilent>は、1939年にヒューレット・パッカード<Hewlett-Packard, H.P.>として米国カリフォルニアに計測器メーカーとして創業したのですが、その後、計測器部門は1999年にアジレント・テクノロジーへ分割され別会社になり、さらに、2014年8月に電子計測事業が分かれてキーサイト・テクノロジー<Keysight Technologies>になりました。
購入した82357B(本体及び付属CD)には、アジレントの社名とロゴマークがついていましたが、もはやアジレント名では売れないので、安売り、あるいは廃棄をしたもののように思えます。かなりの在庫があったようです。[グッド(上向き矢印)][exclamation]

さらに、話がそれますが、82357Bの商品名の”GPIBインタフェース”は、Tektronixが作ったインターフェース規格((General Purpose Interface Bus)です。HPは、HP-IB (Hewlett-Packard Instrument Bus) と言ってました。どちらも、IEEE488規格ですが、アジレントはHP-IBと名のれないのですネ。

米軍の朝鮮戦争当時の古い無線機などを買ってきて修理や調整をするときには、計測器を使ってデーターをとりながら行います。
特に、ドリフトが起こっている機器などは、数日間にわたりデーターをとることがありますが、手作業ではかなり面倒くさいし、深夜をまたいではデータが取れません。
例えば、最近の例ではH.P. 8601Aは5日間のデーターをとりました。なお、8601AにはGBIBがありませんが、その発信周波数を測定するカウンターH.P. 5328AにはGPIB I/Fがあります。

そこで、思いつくのがGPIBを使った自動計測です。
これも、今に始まったわけではなく、かってPCIバス用のGPIBインターフェースや、PCMCIA/GPIBインターフェースを使ったりしていました。
しかし、OSもWindows10になり、かってののインターフェースは使えなくなりました。

ドライバーなどは、購入時にCDで供給されますが、最新のものをKeysightのサイトからダウンロードします。
まず、 "Keysight IOライブラリ・スイート"をインストールします。
次に、"Command Expert"をインストールすれば、もう使えます。下記の<写真>は、Windows10での結果です。

Keysight Connection Expert 画面.jpg

ただし、古いGPIB機器はライブラリが無いので、GPIB言語レベルで使うことになりそうです。
なお、 "Command Expert with EXCEL"というEXCEL Add-inも無償で入手できます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る