So-net無料ブログ作成
検索選択

Buffalo WHR-1166DHP4 無線LAN親機 [Wi-Fiルーター] 購入 [パソコン]

Buffalo WHR-1166DHP4 無線LAN親機 [Wi-Fiルーター  11ac/n/a/g/b 866+300Mbps エアステーション] を購入しました[るんるん]Buffalo_WHR-1166.jpg
パソコンはスピードの速い有線でLAN接続していました。タブレットは、データを転送するために無線LAN接続をしていましたが、スピードは遅くても気になることはありませんでした。
それなので、無線LAN親機はBuffaloのWHR-G54Sという時代遅れのものを使っていました(しかも、貰い物)。
しかし、最近は2人の孫が、同時に2台のノートパソコン(無線LAN接続)を使ってYouTubeをアクセスすることが起きてきました。さらに、同時にWindowsのバージョンアップ・ダウンロードが起こると、さすがに遅く感じるようになりました。
そこで、Buffalo WHR-1166DHP4 無線LAN親機 [Wi-Fiルーター]を 購入しました。
現在の、我が家のLAN接続です:
LAN_Diagram8.gif
 
なお、設定中に気が付いたのですが、ノートパソコンのHP Probook 6570b #1の無線LANボタンが橙色のままで変わらず、無線LANが動作しません。インターネットで調べると、 HP Connection Manager やHP Wireless Assistantを使ってON/OFFをするのですが、Windows 10にしたためか、機能しません。
BIOSリセットでも効果ありませんでした。
ところが、HP Support AssistantでBIOSのアップデートを見つけることが出来たので、ダウンロードしアップデートしました。すると、無線LANボタンが橙色から白色に変わり、何事もなかったように無線LANが使えるようになりました。[黒ハート][黒ハート]要は、BIOSがWindows 10に対応できていなかったため、無線LANボードの電源を入れることが出来なかったわけです。OSの変更でBIOSを変更する話は聞いたことがありませんでした。[exclamation×2]

nice!(0)  コメント(0) 

OPP-SDAC-3 [Sonica DAC ネットワークオーディオ機能搭載USB DAC] 購入 [オーディオ・ビデオ]

OPP-SDAC-3 [Sonica DAC ネットワークオーディオ機能搭載USB DAC]を購入しました。[るんるん]Sonica-DAC_front-mr.jpg
やっと、入手できました。
そもそも、Sonica発売直後の2017年2月に購入を決意し、OPPO JapanオンラインショップのWebページを見ると、入荷待ちだったので「再入荷お知らせ申し込み」に登録しました。
ところが、待ても暮らせも入荷案内が来ませんでした。
そこで、業を煮やし、5月11日にヨドバシ・ドット・コムに予約発注をしました。
その後、ヨドバシから「2017年05月19日現在、メーカー在庫も欠品しており、具体的な入荷予定日の回答が得られません」との、注文商品手配状況の中間報告が来ました。
ところが、翌日の5月20日に突然、注文商品出荷のお知らせが来ました。
5月21日に商品が到着しました。
運よく、1台入手できたのかなと思い、他のショップの在庫状況を見たところ、ヨドバシもシマムセンも5台以上の在庫を持っていました(以前は在庫はありませんでした)。米国から、複数台、出荷されたようです。
でも、OPPO Japanは在庫なしで、再入荷のお知らせもありません。OPPO Japanは納期管理が全然できていないようです。[バッド(下向き矢印)]
結果としては、OPPO Japanを信用しないで、もっと早くヨドバシに発注すればよかったと後悔しています。兎に角、発注することです。それが一番早く入手できます。
 
いろいろと愚痴を言ってしまいましたが、現品はマニア心を満足させる丁寧な梱包で到着しました。
BDP-105D JAPAN LIMITED購入時も、同様、満足してます。
また、電源ケーブルだけで、他の付属ケーブルも、リモコンもなく、このへんも好感の持てるところです。(安物のケーブルが付属していても捨てるだけです。その分、安くしてもらいたい。)
 
オーディオシステムとの接続です。OPPO BDP-105D JPLの同軸デジタル(COAX)出力を、Sonica DACに入力して、Blu-ray-Audioの音を高音質で聞くのが第1目的です。音楽系は2.0ch、映画は5.1chで見ます。Sonica DACの出力は、セレクターを通すのみでAccuphase P-1000に入力されます。なお、CD,SACD,DVDはEsoteric UX-3piで聞きます。音楽系は2.0ch、映画は5.1chで見ます。
さて、ケーブルを接続後、原因不明でSonica DACの表示は"No Signal"のままです。設定が悪いのか?調べてみるとなんとBDP-105DJPLのCOAX"入力"にケーブルを差し込んでいました。BDP-105DJPLにCOAX入力があることを知りませんでした。思い込みERRORでした。[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][たらーっ(汗)]
 
BDP-105DJPLのDACチップES-9018Sと、Sonica DACのDACチップES-9038proと、DENON AVP-A1HDのDACチップBB PCM1796の対決!
結果は、わずかな差でした。視聴ディスクの録音の影響の方が、はるかに大きいです。
やはり、Sonica DACのS/Nがわずかですが良く、高域の伸びも素直に伸びています。
BDP-105DJPLは、3台のうちの真中に位置します。
AVP-A1HDは、やや古いせいか、高域もやや狭く感じます。
[exclamation×2]ここで、番外編---Sonica DACのOPTICAL入力が空いていたので、ESOTERIC UX-3pi のOPTICAL出力(PCM 44.1kHz)をつないでみました。これが、予想以上に高音質。我が家の最良の組合せになりそうです。[ダッシュ(走り出すさま)]
 
なお、Sonica DACになって、初めてネットワークオーディオ(NAS)の音がまともに聞けるようになりました。MP3とFLACの差も分かるようになりました。[グッド(上向き矢印)]また、iPadでコントロールするSonicaは非常にスピードも速く、使い勝手が上々です。これなら、ネットワークオーディオも使い物になります。
ただし、これはSonicaだけが理由ではなく、Wi-Fi接続やWiFiルーターなどの変更も考えられます。
さらに、ハイレゾのソースも聞き分けが出来ます。
なお、ハイレゾの場合、最新機器で最新の演奏を録音したものでなければ、ファイルフォーマットだけをハイレゾにしても良い音にはなりません。古い録音(多くはアナログテープレコーダーに録音)をフォーマットだけ変更して(リマスター)ハイリゾと称しても、良い音にはなりません。良くなる部分は、テープ再生後の編集機器による変化です。これは、多少は音質上メリットが出ますが、わずかです。60年代のJazz愛好家には、ハイレゾの恩恵はなさそうです。
 
視聴用ディスク:
 The Look of Love - Diana Krall  Blu-ray Audio盤
 Turn Up The Quiet - Diana Krall  SHM-CD盤ダイアナ・クラール_ターン・アップ・ザ・クワイエット.jpg
視聴用機器/信号:
 OPPO Sonica DACの2ch.Analog Out(Un-Balance)
 OPPO BDP-105DJPLの2ch.Analog Out(Un-Balance)
 DENON AVP-A1HDのPre-Out(Un-Balance)

nice!(0)  コメント(0) 

最近購入したCD "Diana Krall”の"Turn Up The Quiet" [CD]

最近、CD "Diana Krall”の"Turn Up The Quiet" [CD, SHM-CD] を買いました。ダイアナ・クラール_ターン・アップ・ザ・クワイエット.jpg[るんるん]
 
またまた、Diana KrallのCDを買いました。CD は8枚目です。他に、DVDやBlu-Rayを含めると何枚になるやら!
一時、Sophie Milmanに浮気してましたが、Krallの新アルバムが出たので、購入しました。
 
いつもは、価格の安いImport盤を買うのですが、今回は納期の早い国内盤にしました。
さらに調べると、発売元の”UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサル ミュージックストア)”では、値引きはないものの、
 限定特典:告知ポスター(写真:下)
  ※ポスターは折らずにお届けします。
  ※特典は先着です。無くなり次第終了となります。
というおまけ付。即、発注しました。
日曜日の発注だったので、出荷は月曜日で、火曜日には手元に到着しました。もちろん、特典もゲットしました。52cmx73cmの促販用ポスターでした。それも、折り畳んだりせずに紙筒に入っていました。運賃無料では申し訳ないです。
特典が付くかどうかは、発注時の「注文内容確認メール」に「告知ポスター:数量 1」と記載されるので分かります。
Krall_poster.JPG
 
[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]このCDの音質は、2017年の最新録音で、SHM-CDでもあり、非常に良い音質です。今までのCD中で最高の音質に思えます。この録音ならハイレゾで聞いてみたくなります。言い換えれば、CDでもこれだけの録音ができるのだと感心。CDの潜在能力は計り知れません。[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
 
ちなみに、我が家のCD,DVD,などのソフトの管理は次のように行っています:
 CD →全CDは iTunesにMP3で保存。iTunes機能で管理。iPodにコピー。
 LD、DVD、Blu-Ray → EXCELに記録。1枚のディスクを1行に記録。
 
曲目リスト:
01. ライク・サムワン・イン・ラヴ / Like Someone In Love
02. ロマンティックじゃない? / Isn't It Romantic
03. ラヴ / L-O-V-E
04. ナイト・アンド・デイ / Night And Day
05. アイム・コンフェッシン / I'm Confessin' (That I Love You)
06. ムーングロウ / Moonglow
07. ブルー・スカイズ / Blue Skies
08. スウェイ / Sway
09. 月とてもなく / No Moon At All
10. ドリーム / Dream
11.夢で逢いましょう / I'll See You In My Dreams
12. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン? / How Deep Is The Ocean<日本版ボーナストラック>

nice!(0)  コメント(9) 
メッセージを送る