So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

iPod Touch用の汎用リモコン・インターフェースを購入 [おもちゃ]

iPod Touch の第4世代・64GB版 を購入しましたが、それの、オーディオ機器用の汎用学習リモコン・インターフェース(L5 Remote)を購入しました<写真・左下>。[るんるん]
L5_remote_3Q.jpg

 写真・右のように、iPod TouchのDoc Connectorにつけて、マルチリモコン化するアタッチメントです。お尻に付くPig Tailですが、iPodに挿入した時に、画面の上下が反転します。この中に、赤外線LEDや赤外線受光素子が入っているようです。
最近、一部のメーカーから提供されている、家庭内LANを使用したコントロール・アプリとは異なっていて、赤外線リモコンを使用している機器なら、原則的にはコントロールできます。
高機能の学習リモコンで、カラー画面で、バックライト付なので、プロジェクター使用中の暗闇でも使えるし、かなり重宝しそうです。[exclamation]

この汎用学習リモコン・アタッチメントは、Amazon.comでは日本向けを扱わないようなので、メーカーのL5 TECHNOLOGYに直接発注しました。
クレジットカード情報を入力する時に、少し躊躇しましたが、安心できそうなので入力しました。本体$49.95 + 運賃$30.00のTotal$79.95でした。翌日(時差の関係)には出荷の案内とトラッキング番号がメールされてきました。仕事も早いようです。10月15日発注で、4日目の10月19日到着しました>。

<<最近、メーカーのL5 TECHNOLOGYのサイトをアクセスしたところ、Webが売りに出ていました。
廃業したのでしょうか? 2017/10/01>>

L5_remote.jpg

まず、iTunesを使って、App Storeから無償のソフトウェアL5 Remote(App)をダウンロードし、iPodにインストールします。<2011年5月時点でversion 3.7.0でした。このversionでは日本語化されました[グッド(上向き矢印)]。時々、最新versionをチェックしたほうが良さそうです。>
さて、使い勝手を良くするも悪くするも、リモコン画面の作成(設定、カストマイズ)です。
各機器のリモコン(TV用、アンプ用など)ごとに設定する方法と、応用(リスニングルーム用、寝室用など)ごとに設定する方法がありますが、わたしは、両者を併用しました。
リモコン画面は、無償のソフトウェアだけで作成できるので、ハードウェア到着までに作成できます。
(リモコンデータの学習と、赤外線データの送信は、ハードが必要です)

機器用リモコンとして、下記機器の主要ボタンを設定:
TV_Panasonic TH-42PZ800
AVーAmp. MARANTZ AV8003
Blu-ray Player DENON DBP-4010UD
DVD Player Esoteric UX-3pi
DVD Recorder Hitachi DV-DH500W
Projector Victor DLA-HD1
エアコン Toshiba RAS-506GADR
ロスナイ換気扇 Mitsubishi
調光ランプ National HK9336

応用リモコンとして、下記用の主要ボタンを設定:
AudioRoom用リモコン<作成中>

を、作成しました。
作成後のリモコンは、横スクロールでも選択できます。
ここで、ポイントは、設定するボタン数を多くすると、操作性が悪くなるので、考えどころです(後で変更できます)。各2画面ぐらいが適切な感じです(縦スクロール)。

all_remocon.jpg作成後の各リモコン画面の画面キャプチャです。

なお、iPod Touch の画面キャプチャは、ホームボタンを押しながらスリープボタンを押すと、写真アルバムに保存されます(pngファイル)。
リモコン画面のコピーなども出来ます。

ボタン一覧.jpg

 こんなボタンが用意されています。
サイズ(高さ、幅)の変更が出来ます。
文字は、日本語・英語が可能です。

"Macro"ボタンや、"Drawer"ボタンもあります。

ボタン用アイコン.jpg

 文字以外に、ボタンにアイコンを貼付できます。

赤外線リモコンは、不便なことに、リモコンを機器がある方向に向けなければ、光が届きません(コントロールできません)。
将来的には、iPodやiPadから、無線LAN経由やBlue tooth経由で機器をコントロールすることになるでしょうネ。

 「iPod Touch 4G 64GB を購入」記事はココ
「レイアウト 4th iPod touch用フラップタイプレザージャケット/ネイビー RT-T4LC1/N」を購入記事はココ

その後、ONKYO ND-S1000 Digital Media Transportを購入したので、嬉しくなって、リモコンを作成しました。テストしようとして、はっと気がつきました。リモコンが使えません。そうですね、iPodのDoc Connectorが、ND-S1000とのインターフェースコネクターで塞がれます。なんと、ドジな事。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。