So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

TEKTRONIX TDS2012 デジタル・ストレージ・オシロスコープ を購入 [おもちゃ]

テクトロニクス製 TDS2012 デジタル・ストレージ・オシロスコープ を購入しました。[るんるん]

TDS2012_1.jpg広帯域オシロ、小型オシロ、などなど、何台ものオシロを使っていると、わたしのアプリケーションでは、軽量コンパクトでファンの付いていない(低騒音)オシロを使うことが、ほとんどです。
そこで、もっと、軽量コンパクトで見やすい画面サイズ、ビデオ帯域、低騒音のオシロが欲しくなりました。そこで、目に入ったのが、TDS2012です。西暦2012年で、TDS2012[exclamation&question]
もちろん、メーカーはテクトロニクス。昔から、トリガーのかかりやすさが優秀(最重要)なことで有名です。
しかも、TDS2012は、カラー表示画面、100MHz帯域と使いやすそうです。軽くて奥行が短いので、何処にでも置けそうです。さらに、標準でFFT機能が付いていることも魅力。さらに、X-Y表示ができるので、オーディオでは音の広がりなどが一発でわかります。それと、AUTO SET機能が、思ったよりうまく働くので楽ちんです。波形測定機能は、周波数や実効値電圧などが表示されるので便利ですが、頭を使わなくなるのでボケそうですけど。[眠い(睡眠)]
校正日付がNov.2003(Tek)になっているので、このころの製造と思われます。

本当は、真空管式の大型オシロが欲しいのですが、置き場所や作業性を考えると、二の足を踏んでしまいます。 
それと、大昔(1976年)に大金をはたいて、岩通製 SS-5040(5MHz帯域)を購入したことを考えると、今や、中古とは言え¥3万円程度でテクトロの100MHz帯域を購入できるとは夢見たいです。

BNCケーブルは、愛用のBendix 30220-1 や Bendix 34238-1 コネクターを、藤倉電線のRG-58A/Uに取り付けて使用しています。このコネクターは、多少雑に作っても、コネクターがすっぽ抜けることがありません。でも、最近は入手が非常に困難になりました。最近、運良く、eBayで5個購入することが出来ましたが、今後は入手できそうにありません。藤倉電線の同軸ケーブルはシールドのメッシュが密なので、シールド効果が高そうで安心です。

購入時に欠品していた、電源スイッチの"ボタン"は、TektronixのサイトからService ManualをダウンロードしてP/Nを調べました。P/Nは 366-0774-00でしたが、結局入手できず、厚手のアクリル板から12mmx7.5mmを切り出して作成しました。

現在は、
TEKTRONIX TDS420 デジタル・オシロスコープ   (2006年10月) 2台
TEKTRONIX 2225 オシロスコープ  (2009年5月)
TEKTRONIX 2430 デジタル・オシロスコープ  (2004年10月)
TEKTRONIX 314 ストレージ・オシロスコープ   (2004年6月)
TEKTRONIX 2465 オシロスコープ  (2001年8月)
を、所有しています。()の日付は購入日。
過去には、
東芝 10M33 ミニ メモリー・シンクロスコープ  (2003年9月)
日立 V-225 オシロスコープ  (2001年6月)
岩崎通信機 SS-5040 5MHzシンクロスコープ(1976年4月)
を所有していました。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。