So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Keithley 610C Electrometer を購入 [おもちゃ]

keithley_610c_1.jpg今年も新年早々に、懐かしさでKeithley 610C Electrometer を購入しました。[るんるん]

一応は正常に動作していますが、例によって(お約束どおり)、オフセット電流(OFFSET CURRENT)が、規格値では<5x10^-15Aですが、1x10^-12Aと大幅に増えていました(1x0.1x10^-11A)。
テフロン製の入力コネクターや内部絶縁端子などを徹底クリーニングしましたが、ほんのわずかしか下がりません。ほこりや、湿気の影響ではないようです。[バッド(下向き矢印)]
現役のころ、この610Cの修理も行ったことがあります。やはりオフセット電流が多い場合、フレオン洗浄後、デシケーターに入れて乾燥させていました。さらにガラス製デシケータ内を真空ポンプで引く場合もありました。
Electrometerの命というところですが、古いのでやむを得ないところです。
ここまでオフセット電流が多いのは、初段のMOS FETのリーク(不良)と断定できます。でも、このFETはKeithley社で選別しているものなので、もはや入手はできないでしょう。それに、pAの電流を測定することもないので、ほっておきましょう。[眠い(睡眠)]
一応、610Cの動態保存になりますね。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。