So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Webサイト ブログトップ

インターネット接続をNURO 光 G2 V(戸建)に切り替え [Webサイト]

nuro_sonet.pngインターネット接続をNURO 光 G2 V(戸建)に切り替えました。
 
2012年4月1日から、現在まで、So-net 光 (auひかり)ホーム ギガ得プラン契約で、インターネット接続をしてきました。
接続スピードも、
下り速度:799.47Mbps~699.06Mbps
上り速度:582.49Mbps~591.37Mbps
と、不満はありませんでした。
 
昨日屋外工事も完了し、今は既存のauひかりとNURO光が併設されている状態になっています。これから20日程度は両方並行して使えるので、両方を切り替えながら比較できます。しかし、ONUや光電話用TAが増えたので、屋内の配線もごちゃごちゃになってます。
屋外のファイバーケーブルも、過去のNTTフレッツとauひかり、NURO光の3本です。古いのファイバー(?)は、はずさないようです。
 
さて、NURO 光 G2 Vの接続スピードは、
下り回線 :速度  947.6Mbps (118.5MByte/sec)
上り速度  940.5Mbps (117.6MByte/sec)
と、下りで2割程度のスピードアップでしたが、上りは約1.5倍のスピード。
 
インターネット接続は、LANケーブル(1000Base-T)を差し替えるだけで、すぐつながります。e-mailもプロバイダーが変わらずso-netで同じなので、すぐつながります。
 
ところが、ONU(Optical Network Unit)がHG8045Qに変わったので、DMZ設定をしなければなりません。
(一般的にはDMZ設定は不要です。ゲームをしたり、webサーバーを立てるときに必要。)
これも、ブラウザーを使って、1ページ分の設定をするだけです。
ところが、なめて掛かったため、http://192.168.0.1が繋がりません。(さい先が悪い!)
そこで、愛用の「SoftPerfect Network Scanner」で、ネットをスキャンしてみると、192.168.1.1になっていました。
ここで、ONU HG8045QのIPアドレスを192.168.0.1に変更すればよかったのですが、折角のデフォルト設定を尊重しました。(これが、後で問題を起こします。)HG8045Q画面web4.gif
DMZ設定のポートマッピング設定で、「ポート番号設定画面」が見つかりません。なんと、10時間ほどロスってしまいました。似たような「ポートトリガ設定」と混同したりもしました。Googleで検索しても、こんなことでトラブってる例はありません。
判ってしまえば、簡単なことでした。例によって、思い過ごし。
ポートマッピング設定画面中に、「新規作成」ボタンが2つあります。新規作成中に、また「新規作成」ボタンを押す必要は無いと思い込みました。下の「新規作成」ボタン名は、「新規ポート番号指HG8045Q画面web3.gif定」でしょう。
 
 
次に、DynDNSの設定で、エラーが出るようになりました。これは、Windowsが覚えていたPWが最初の設定時のもので、その後、PWを変更したのですが、それを初期設定値に戻っていました。PWの文字数●●が違うので、気が付きました。
 
次のトラブルは、「Gateway Timeout」エラーです。これは、Apacheサーバーのhttpd.conf中のListen 192.168.0.○○を変更していなかったためです。Listen 192.168.1.○○に変更し、正常動作になりました。
 
 
我が家のインターネット接続の歴史:
2001年6月 フレッツISDNを契約、以降、常時接続のため接続時間データ(グラフ)は無し。
 
◆初インターネット接続 緑電子製 Hayes Accura288 V3,4 28kモデム(1996/9月)
 
◆k56flex Panasonic TO-BXF56k モデムに買い替え(1997/5月)
 
◆ADSL 8M:so-net.gif
 申込日 2001年07月03日
 NTT局舎内工事完了日 2001/12/27
 ISDN変更工事 2001/11/21
 ADSLモデム発送 2001/11/29
 Yahoo! BB開通2001/12/27
 下り速度テスト 1.19Mbps @2001年12月29日
 上り速度テスト 694kbps
 
◆ADSL 12Mへ増強:
 申込日 2004年12月15日
 NTT局舎内工事完了日 2004/12/21
 モデム トリオモデム3-G
 下り速度テスト 4.67Mbps (モデムReset時)~2.38Mbps@2004年12月23日
 上り速度テスト 615kbps
 
◆Bフレッツ 100Mへ切替(NTT+So-net):
 申込日 2008年10月19日
NTT光ファイバー工事完了日 2008/11/06(木)
下り速度テスト 63.74Mbps
上り速度テスト 42.10Mbps
 
◆auひかり 1000Mへ切替(KDDI+So-net):
 申込日 2012年2月9日
KDDI切替工事完了日 2012年3月21日(水)
上り速度 780.30Mbps
下り速度 613.80Mbps @2012/03/22 20:10
 
◆NURO 光 G2 V(戸建)(NTT+So-net):→→今回の増強
申込日     2018年06月14日
光電話申込日  2018年06月14日→工事日未定
宅内工事日   2018年06月22日
屋外工事日   2018年07月06日
下り速度  947.6Mbps (118.5MByte/sec)
上り速度  940.5Mbps (117.6MByte/sec) @2018/07/07
 
  
 

nice!(0)  コメント(0) 

ホームページ・ビルダー21 バージョンアップ版購入 [Webサイト]

ジャストシステム ホームページ・ビルダー21 書籍セット バージョンアップ版を購入しました。ホームページ・ビルダー21.jpg
10数年前にFrontPageを使って、ホームページを作成以来、Microsoft Office FrontPage 2003を使い更新してきました。しかし、FrontPageの新規バージョンも発売されず、Microsoft ExpressionWebに移行されましたが、これも、Ver 4が2010年に発売された以降は休眠状態のようでした。さらに、延長サポートも2020/09/08と間もなくとなり、もはや、使う気にはなれません。

そこで、ホームページ・ビルダー15 のバリューパックを購入しましたが、出来上がったページがFrontPageと異なり表形式のため、あまり使いませんでした。この間の発信情報は、blogで行ってきました。
今回、現ホームページを改定するにあたり、最新バージョンの ホームページ・ビルダー21・書籍セット・バージョンアップ版を購入しました。というのも、ジャストシステムの直販サイトのJust MyShopから MyShop価格からさらに【30%OFF】となる『お買い物お楽しみクーポン』がメールされてきたことです。他に、会員割引10%プラスで、40%引きになりました。
それに、書籍セットを購入したのは、1冊ぐらい資料があってもいいのでは!の発想です。
ちなみに、ジャストシステムは「一太郎」や[ATOK」でお世話になった、とても懐かしい会社です。
ホームページ・ビルダー21は、『ホームページビルダーSP』と『ホームページビルダー クラシック』の2つに分かれます。
『ホームページビルダーSP』は、過去のホームページを移植できないため、新規にホームページを作成する場合や作成しなおしたい場合に用います。
『ホームページビルダー クラシック』の「どこでも配置モード」を使って作成・変更の予定でしたが、いろいろ問題が多そうです。
結果、ホームページ・ビルダー21・クラシック[フルCSSサイト][フルCSSテンプレート][スタンダード]スタイル、を使うことにしました。
 

nice!(0)  コメント(0) 

本 技術評論社刊 「図解HTML5」 購入 [Webサイト]

本 「今すぐ使えるかんたんmini 図解HTML5」 技術評論社刊 を購入しました。[るんるん]図解HTML5.jpg

最近は、このblogで手いっぱいになり、Home Pageまで手が回っていません。
ここで、もうひと頑張りHome Pageをブラシアップしようということで、HTML5の勉強を始めました。
成果はいつごろ出るやら!


nice!(0)  コメント(0) 

単行本 「Expression Web 標準ガイドブック (Web Designing BOOKS) 」 のお薦め [Webサイト]

単行本 「Expression Web 標準ガイドブック (Web Designing BOOKS) 」 を購入しました[るんるん]

Expression Web ガイドブック.jpgそうです、昨年の12月に購入した、マイクロソフト Expression Studio 4 Web Professional(エクスプレッション スタジオ 4 ウェブ プロフェッショナル)Windowsソフトのガイドブックです。
今までFrontPageではスタイルシート(CSS)などを意識せずにwebサイトが作れたのですが、その後継ソフトであるExpression Webでは、CSSやダイナミックWebテンプレートを把握しておく必要があります。
購入ソフトには、内容を説明する資料が、まったく付いていないので、全体像がつかめません。そこで、この本を購入することになりました。
個々の疑問点は、オンラインヘルプで検索をすれば良いのですが、全体像を把握するには、印刷した本の方が、使い勝手が良いのです。内容は、このニーズに、まったくうってつけの本でした。

しかし、Expression Webの人気がないのか、ガイドブックも少なく、現在、中古書で探すしかありませんでした。
中古といっても、手あかのついていない、多分、本屋で売れ残って返本されたと思われる、新品同様の本でした。ただし、価格は定価¥2,300._に対し、運賃込みで¥657._と格安でした。

内容は、知識をある程度持っている人が、Expression Webを使う場合のガイドブックで、ステップバイステップでXHTML+CSSを学ぶレッスンブックではありません。

[右斜め下] [右斜め下] [右斜め下] [右斜め下] [右斜め下] [右斜め下]

Expression Web2解説書.jpgさらに、今度は「ひと目でわかるExpression Web2」も、今日(2012年2月)購入しました。やはり、著者は同じく小濱 良恵さんです。上記の標準ガイドブックとは逆の書き方で、”○○○○○をしたいときは△△△をする”の書き方です。
Amazonで購入したのですが、「なか見!検索」でおおよその内容がわかるので、安心して購入できました。表紙の写真だけでは、怖くて買えないですね。ネット通販で本を売るのには、効果大です。


nice!(0)  コメント(0) 

ホームページ・ビルダー15を導入 [Webサイト]

ホームページ・ビルダー15を導入しました。Homepage_Builder15.jpg

今まで、ホームページの作成には、約10年間MicrosoftのFront Pageを使ってきました。Version Upも行ってきましたが、いよいよ、ホームページ・ビルダーがVersion Upして、ホームページ・ビルダー15になったこともあり、切り換えることにしました。
ホームページを変更するたびに、ページ毎に、ホームページ・ビルダーで作成をしなおす計画でしたが、スタイルシートが共通しているので、矛盾が生じてしまいました。結局、開発環境を作り、そこで一気に作成しなければならなくなりました。


このblogの編集も、ホームページ・ビルダー15で出来るようになりました。しかし、まだ慣れていないので、当分は今までのデザインを踏襲していきます。


nice!(0)  コメント(0) 

overLIBのVersion Up作業 [Webサイト]

ホームページで使用している、overLIBのVersion Upを行いました。

10年前にホームページの作成を開始した頃に組み込んだ、overLIBのVersion Upを行いました。
当初はoverLIB Ver.2.22を使い始めましたが、すぐにVer.3.51にVersion Upし、使い続けていました。
しかし、OSやIEのバージョンアップのせいか、動きがおかしくなっていました。本来なら、マウスの位置にポップアップするのですが、それがマウス位置から離れた位置にポップアップしていました。離れている位置も、ランダムに変わっていました。
そこで、重い腰を上げて、overLIB Ver.4.22にVersion Upしました。面倒くさかったのは、単に新しいoverlib.jsを組み込むだけでなく、JavaScript自体も変更しなければならなかったからです。(いつからJavaScript自体を変更しなければならなかったかは不明です。)
とは言っても、drc()などをreturn overlib()などにする"程度"です。変数も、var fcolorなどをvar ol_fgcolorなどにします。

ついでに、ポップアップのデザインも、ほんの少し変更しました。少し明るくなりました。左が今までのもの、右が新しいデザインです。
さらに、overlib('<small>……</small>', CAPTION,'…');などのわかりにくい表現はol_textsize指定に変更しました。変更、変更の連続で、あちこちおかしく(スマートでない)になっています。

overlib_sample.gif[soon][soon]overlib_sample2.gif

ちなみに、私のホームページでoverLIBを使っているページは、
http://www001.upp.so-net.ne.jp/susumu_oiso/kaigai/Kaigai_tour.htm
http://www001.upp.so-net.ne.jp/susumu_oiso/interest_av.htm
http://www001.upp.so-net.ne.jp/susumu_oiso/AV_shiryou.htm
です。


nice!(0)  コメント(0) 

Webサーバーの高速化・Solid State Drive [Webサイト]

現在、3つのWebサイトを運用しています。SAMSUNG_SSD.jpg

http://www001.upp.so-net.ne.jp/susumu_oiso/
     so-netのサイト、10MB容量、メイン・サイト。最初にアップデートされます。
   2008年11月に5MBの容量を追加しました(Option)。
http://susumu-oiso.homelinux.com
     自前立ち上げのサイト。容量無制限。Dynamic DNS。ファンレス・パソコンで24時間運用。
http://www.geocities.jp/susumu_oiso
     容量25MB→300MB→50MB!、広告あり(Yahoo!BB非会員)。フレッツ光に切替でYahoo!BB解約のため。
  LD/DVDのジャケット画像の保存にも使用。
http://www.nextftp.com/susumu_oiso/
     nextftpのサイト、容量20MB。

ここで、http://susumu-oiso.homelinux.comは、自前立ち上げのサイトですがそのパソコンは7年近く24時間運用をしています。
そこで心配になってくるのが、空冷ファンとハードディスクの寿命です。
ファンレス・パソコンなので空冷ファンは付いてますが、故障して止まっても実害はありません。
ハードディスクは、アクセスが無いとき自動で電源を切るなどの対策をしていますが、ドライブ再起動時に時間がかかる等のデメリットがあります。折角、光ファイバーで転送速度が速くなったのに!

トラブルを起こしてからでは遅いので、ハードディスクの交換に踏み切りました。
しかし、ただ交換したのでは面白くありません。そこで、最近、実用になってきたSolid State Drive(SSD)を使うことにしました。
しかし、いくつかの問題があります。
[1].コスト的に安いMLCタイプは、プチフリーズを起こすので、OSをインストールする目的には不適である。
[2].SSDは、リード/ライトの回数に寿命がある。
[3].パソコンが、やや古いのでSATA接続のI/Fを持っていない。


SAMSUNG SSD MCBQE32G5MPP-0VA (32GB SLC SATA)(写真)を使用することにしました。
これは、SATA接続の定番SSDです。SLCですから、MLCタイプ(安価で大容量)のようにプチフリーズなどなく、OSインストールして使える実力を持っています。また、SLCですからMLCタイプのSSDと比べて10倍くらいの寿命になるそうなので実質死ぬまで使えるといったところでしょうか。
詳細なデータは以下をどうぞ。
http://www.samsung.com/global/business/semiconductor/productInfo.do?fmly_id=161&partnum=MCBQE32G5MPP
容量は、動画や音楽をアップロードしないので、32GBにしました。大容量はコストも大変です。安いSSDが散発的に売られていますが、入手困難なので、オークションで中古を探しました(¥16,000)。[るんるん][るんるん]

SATA-TR150TW..jpgシリアルATA←→UltraATA/ATAPI相互変換アダプタ SATA-TR150TW(写真)を使用しました。これで、古いマザーボード搭載パソコンでもSATAドライブが使えます。このアダプタの品名が”SUGOI ADAPTER”と言うなんとも下品な名前です。それと、ATA側の接続ケーブルが短く、さらに、ケーブルの取り外しが出来ない構造のため、IDE(ATA)コネクタを1つ占有してしまいます。これは最悪で、物理的(距離的)にCDドライブとHDDをもう一つのIDEコネクタに接続できなくなったため、CDドライブを取り外す羽目になりました。[バッド(下向き矢印)]ぜひ、ケーブル着脱タイプにしてもらいたいですね。SATA-TR150VHの方が使い易かったかもしれません。
電気的には、まったく問題なく動作しました。[るんるん][るんるん]

ドライブを交換すると、面倒くさいのが、OSやらアプリなどのインストール作業です。そこで、今回はAcronis Migrate Easy 7.0(SR123261)引越ソフトを使用しました。ダウンロード版だと価格(税込)¥1,980でした。速くて安いです。[るんるん][るんるん]
しかし、ここで問題発生。Migrate Easyは、物理サイズの小さいドライブから大きいドライブにのみ引越しが出来ます。パーティションサイズ(論理サイズ)や使用している容量によらず、そのドライブの物理サイズで制限されます。一般的には、これで良いのでしょうが、今回みたいに64GBのドライブに20GBのパーティッションを切ってある場合、20GB分だけを、32GBのドライブに引越しすることはできません。64GBの物理サイズのドライブだからです。不便です!![バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
結局は、古いバックアップ用のドライブを引っ張り出してきて、そこから引越ししました。なので、アプリのインストールや、OSの更新プログラムのダウンロードで、時間を費やしました。

なんとか、改善作業が完了しました。何をするにしても、何かトラブルが起こりますね!
めでたし!めでたし!

 


nice!(0)  コメント(0) 

Yahoo!ジオシティーズのWebアクセス解析データ [Webサイト]

わたしもですが、Yahoo!ジオシティーズに、Webサイトを持っている人も多いと思います。

Yahoo!ジオシティーズのWeb”アクセス解析”データでは、ファイル名ごとに、そのページの訪問数が一覧表示されます。
これを、コピー・ペーストでEXCELなどに貼り付ければ、並び替え等のデータ解析が簡単に出来ます。

ところが、この「訪問数」が文字列で、かつ、空白文字列が付いています。そのため、並び替えすら出来ません。
そこで、「訪問数」を入力した列(例えばB列)の隣に、=VALUE(LEFT(B9,LEN(B9)-1))の数式を入力します。すると、数値に変換されるので、並び替え等のデータ解析が出来るようになります。

1.Yahoo!ジオシティーズのアクセス解析データ(http://geocities.yahoo.co.jp/stats)をコピーし
2.A,B,C列にデータを貼り付ける
3.D列に数式”=VALUE(LEFT(B9,LEN(B9)-1))”を入力(B9の"9"は行番号です。入力する行に合わせて下さい)

大したことではないけれど、自分の記憶用に!(半年も経つと忘れてしまいます。つまり毎回、解析するたびに、必死で思い出します)

Yahooアクセス解析.gif
nice!(0)  コメント(0) 

二百九十日目(2月14日): マイ・ホームページの紹介 [Webサイト]

このblogとは別に、ホームページも公開しています。アドレスは、http://www001.upp.so-net.ne.jp/susumu_oiso/ です。
そのホームページでの、アクセスの多いページを紹介します。

1位 av_report2.htm 4163 … オーディオ機器(アンプ・スピーカー)の音質レポートです
2位 
repair_tec.htm 3971 … オーディオ機器(アンプ)の修理テクニックの紹介です。
3位 
av_report.htm 3680 … オーディオ機器(全般)の音質レポートです
4位 
record_taisyou.htm 3508 … 過去のレコード大賞受賞曲と、その年の主な出来事紹介
5位 
interest_ham.htm 3215 … アマチュア無線機器や計測器の紹介 

時間が取れたら、ちょっと覗いてみて下さい!


nice!(0)  コメント(0) 

七十九日目(7月 18日): [Webサイト]

  • このblogとは別に、Webサイトを運用しています。そのページごとの訪問者数、多い順Best10は、次のようになりました。
     

ページ(ファイル名)

訪問者数
  av_report.htm 5501
  repair_tec.htm 4945
  av_report2.htm 4606
  interest_ham.htm 3958
  record_taisyou.htm 3498
  jbl_cat.htm 2853
  pasokon.htm 2675
  av_system.htm 2019
  karajan.htm 1504
  Retire_AV.htm 1497

訪問者の約60%の方は、オーディオ関連記事と、計測器の関連記事を読んでいる事になります。
今後も、期待される記事を書いていきます。よろしく!

 


nice!(0)  コメント(0) 
Webサイト ブログトップ