So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

エアホークプロ コードレス式電動エアコンプレッサー 購入 [車]

エアホークプロ コードレス式電動エアコンプレッサーを購入しました。[るんるん]AIRHAWK_1.jpg
 
コードレス式電動エアコンプレッサーは、各社から販売されていますが、やはり、AIRHAWK PROを購入しました。
似たような形のものが多種販売されていますが、安心のため、Amazonから出品者「ダイレクトテレショップ」の商品を購入しました。
 
購入後、バッテリーを充電しました。約1時間の充電で充電器のランプが緑色に変わりました。フル充電時間は3.5時間(目安)と、説明書に記載されているので、約1/3の補充電でした。
自転車のタイヤにエアーを補注入しましたが、あっという間に完了しました。作動音は、大きいですが、ビックリするほどでもなく、昼間なら隣近所に遠慮することもなさそうです。表示器を見ている余裕はありませんでした。
次に、乗用車のタイヤの補注入を行いました。タイヤは、235/40ZR19(フロント 2.3bar),295/35ZR19(リヤ 2.6bar)の極太タイヤです。
説明書通りに操作し、2.3barに設定します。次に、エアーホースのコネクターをタイヤにねじ込みますが、何回転か回すとエアーが漏れ出すので、急いで回転させます(2~3回転)。
トリガーを握ると、トコトコと空気が入ります。操作パネルのLCD表示が、徐々に上がり、設定圧に達すると自動停止します。ここで、再度トリガーを握り終了します(終了しないと、コンプレッサーが空気圧をモニターしているので、エアーホースを外すときに、空気圧が下がる(0)ことでポンプが再稼働します)。
エアーホースを取り外します。この時も、取付時と同じく、最初の数回は、急いで回します。ホースを外すときのエアー漏れは、わずかですが、気になるようであれば、0.1bar程度多めに入れると良いです。
フットポンプについているレバー式のカップラ―よりは、漏れは少ないと思います。
この間、フロントタイヤ1本で1~2分、リヤ1本で2~3分の作業時間です(正確に測ったわけではありません)。
確認のため、エアーゲージで測定しましたが、同じ値を示しました。当然、車のコンソールパネルのタイヤエアー圧表示値も同じでした。
4本のタイヤの補注入作業後、バッテリーの減少分の再充電を行いましたが、満充電まで約50分でした。推定約1/3の補充電でした。結構、電池消費が大きいでした。使用頻度が高い方や、空気注入量の多い方は、予備の電池パックを購入された方が良さそうです。
「ダイレクトテレショップ」 では、20ページもの印刷した日本語取扱説明書を同梱し、本体保証期間1年の保証書も発行しています。
また、付属品も取扱説明書の中で明示し、添付しています(写真:下)。
自転車(英国式バルブ)用のアタッチメントも付属しているので、一般的なママチャリも注入できます。
収納バックは、布製のアタッシュケース型で、中身は紙製パックで固定されるようになっています。収納バックには、AIRHAUK PROのマークが印刷されています。
 
やはり、コードレスというのは、便利ですね。電源ケーブルを引き回すのは大変だし、車載バッテリーに負担をかけるのも嫌ですが、それを気にしなくて済みます。
今日までは、空気圧のメンテナンスは、フットポンプで行っていましたが、極太タイヤの場合、大変な作業でした。
それが、いとも簡単に出来てしまいます。
なお、ダイレクトテレショップのサイトでは、”類似品や並行輸入品に注意”とあり、日本語取扱説明書や、段ボール製の外箱を作成しているようです。
明確な保証が無い並行輸入品の購入は、不安になります。
 
 HawkPro_2.JPG HawkPro_3.JPG HawkPro_4.JPG
  段ボール製外箱・収納バッグ    布製収納バッグ内の仕分け     20ページの和文取扱説明書
 

nice!(1)  コメント(0) 

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 車検 納車3年目 [車]

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991>の 車検 を行いました。Porsche911.jpg
 
早いもので、ポルシェ 911が納車されて、間もなく3年になります。
 
内容は、
 ・2年基本点検(車検整備一式)
 ・エンジンオイル交換
 ・エンジンオイルフィルター交換
 ・エアコンマイクロフィルター交換
 
走行キロ数:14204km
タイヤ残量:F/6.0mm R/5.0mm
ブレーキパッド残量:F/9.0mm R/9.0mm
 
Porsche の他の記事:

nice!(0)  コメント(0) 

AUDEW ヘッドアップディスプレイ(A8) を取付 [車]

AUDEW ヘッドアップディスプレイ(A8) を取付ました。AUDEW_HUD.jpg
メーターパネルのど真ん中にはタコメータが付いているし、デジタル・スピードメーターもついているので、不満はないのですが、光るものが好きなので、購入しました。(アナログ・スピードメーターは320km/hフルスケールのため、見ることはありません)
 
愛車のPorsche 911 <Type 991>で、まったく問題なく機能しました。購入前は心配でしたが、2010年9月以降発売の輸入車なので、思い切って購入しました。
 
取付も簡単で、右ハンドル車なので、助手席側の左側足元のヒューズボックスの赤色のOBD2コネクターに、HUD付属ケーブルのコネクタ―を差し込むだけです。
本体は、付属の粘着性のあるゴムシート(滑り止めシート)に乗せるだけです。配線の取り回しだけは、考えなければです。
 
OBD2コネクターには、常時通電の12V電源があるので、ヘッドアップディスプレイ(HUD)をつなぐと、本体に”HUD 13.0V"と表示され、その後、自動電源OFFになります。初期設定では、動作開始電圧は13.2Vです。
次に、エンジンをスタートすると、HUDも自動で動作をスタートします。
これは、エンジンをスタートすると、バッテリーの充電が始まるので、バッテリー電圧が14V程度になるためです。AUDEW_HUD_2.jpg
 
各表示器も、ほぼ正しく表示されています(エンジン回転数が、1~2割、高めの表示ですが、調整範囲です)。
RPMアラームも機能しています。
 
設定項目のうち
3 エンジン回転数警告 25→50
4 シフトアップ警告  25→50
に、変更しました。
 
反射フィルム無しの時の、表示器の明るさですが、かなり明るい曇りの日では、ちょっと物足りない明るさです。陽射しがあると表示は見えません。
反射フィルムを貼ると、数倍明るくなるので、フィルム有が正規な使い方です。
さらに、フィルム無しでは、よく見るとフロントガラスの厚さのために文字が二重になりますが、それほど気にならないので、反射フィルムは貼りませんでした。(ガラスの手前で反射する像とガラスの反対側で反射する像が、斜めから見ると二重になります。真正面から見ると、像は一致するので2重になりません。)
また、反射フィルムを貼ると、車の外から見たときに、フィルムがかなり目立ちます。
表示位置は、HUDをガラス面から少し遠ざけ、目線より上の方に結像する方が邪魔になりません。
フロントガラスの上半分に表示されるように設置するのが良いでした。また、HUDを置く台と折り畳み式の反射板セットは、結像位置が低すぎるので、かなり運転の邪魔になるので、やめました。
 
最近の自動車は、電装品がやたらに多くなり、それを今までのような電線でつなぐと、電線の重さが馬鹿にならなくなります。そこで、考えられたのがCAN-BUS / ISO 11898-2。つまり、車内LANです。BUS形式なので、極端に言えば車内のすべての電装品は1セットの2本の細い電線でつなぐだけで済みます(プラスして電源が1本)。
そのCAN-BUSに流れているデーターのうち、欲しいデーターだけ取り出して表示するのが、このHUDです。
逆に言えば、CAN-BUSを採用していない車には取りつかないということになります。
ところで、OBDは、On Board Diagnosticsの略で、車両自己診断のことです。
OBDの信号は、車両内ネットワーク規格であるCAN-BUSが採用されています。

nice!(1)  コメント(0) 

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 2年目法定点検 [車]

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 2年目法定点検を行いました。


早いもので、ポルシェ 911が納車されて2年が経過しました。そこで、お決まりの法定点検を行いました。
内容は、
 ・1年基本点検(法定点検)
 ・ブレーキ/クラッチフルード交換(メーカー指定2年毎の交換)
 ・エンジンオイル交換
 ・エンジンオイルフィルター交換

今回は、ボディの2年タイプガラスコーテイング(約¥10万)も行いました。

点検費用、コーティングを含め、合計約¥21万。ウーム!

走行キロ数:11065km
タイヤ残量:F/5.0mm R/5.0mm
ブレーキパッド残量:F/9.5mm R/9.5mm

[車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)]Porsche の他の記事[車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)]

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 1年目法定点検
ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 納車
ポルシェ 911 カレラ<Type 991> 発注


nice!(0)  コメント(0) 

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 1年目法定点検 [車]

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 1年目法定点検を行いました。[るんるん]

早いもので、ポルシェ 911が納車されて1年が経過しました。そこで、お決まりの法定点検を行いました。
内容は、
 ・1年基本点検(法定点検)
 ・エンジンオイル交換
 ・エンジンオイルフィルター交換
でした。やはり、点検費用も部品代も工賃も割高です(合計約¥83,000)。

走行キロ数:6072km
タイヤ残量:F/6.5mm R/6.5mm
ブレーキパッド残量:F/10mm R/10mm
ボディのコーティングは、もう少し残っています。

ちょっと、大事に乗りすぎたようです。[exclamation×2]
それと、Porsche 911の”お化粧直し版”が発表され、ちょっと気になってます。


nice!(0)  コメント(0) 

パイオニア TS-WX910A 購入 [車]

パイオニア TS-WX910Aを購入しました。[るんるん]TS-WX910A.jpg

やっとの思いで購入した、Porsche 911<991>のオーディオ(標準システム)は、やや低音が不足気味。これは、今までのフェアレディZには、30cmウーファーを2本搭載していたので、つい、それと比較してしまうからです。そこで、Porscheにパワードサブウーファーを搭載することにしました。検討の結果、PioneerのTS-WX910Aにしました。---ここまでは、「JBL SUB560PCH サブウーファー 購入」のblogで、既に紹介済み!---

自宅のオーディオ・システムに仮組込をした結果も上々なので、ディーラに取付を依頼しました。
911のリアーシートの後ろにある書類バッグ置き場に設置しました。サイズがこの場所に、ピッタリで、お誂え品のようです。大満足。願わくは、車がドイツ車なので、オーディオもドイツ製ならベストですが、無い袖は振れない!!
ただし、この設置位置に吸音材などを使うと、肝心な911のエンジン音が小さくなって、つまらなくなってしまいます。特に、加速時の911のエンジン音は、最高に心地よい音ですから!
さて、サブウーファーの音量も少なめの設定で、音質もバッチシになりました(ドンシャリではありません)。


nice!(0)  コメント(0) 

LIXIL-TOEX キューブポートプラス カーポート 購入 [車]

LIXIL-TOEX キューブポートプラス カーポート を購入しました。[るんるん]キューブポート_サイドパネル.jpg

今まで使用していたカーポートも、25年以上経過しあちこち傷んできました。一部の鉄製部分には錆も出てきました。屋根材のアクリル板は、色あせのためほとんど透明になり、ここ湘南の強い日差しが車に降り注ぐようになってしまいました。

そこで、デザイン的に特徴のある、LIXIL-TOEX キューブポートプラス カーポートに交換しました。2本足で、屋根がほぼ水平なのが特徴です。
積雪~20cmの標準品で、
巾:2.7m、奥行:5.0m、色:アイボリーホワイト、屋根材:熱線吸収ポリカーボネート、柱仕様:標準1.8m
、オプション類:サイドパネル(H500)/固定式サポート2本/偏芯基礎部材、です。
その他の費用として、ハツリ一式、残土・ガラ処分、既存カーポートの撤去・処分費がかかりました。IMG_0112_s.jpg

重要となる施工方法は、多少、割高ですが「メーカー責任施工」にしました。やはり、現場での工事の出来栄えで満足度が変わります。
今回の作業では、非常に親切で技術力の高い業者が施工してくれたので、高い満足度が得られました。[exclamation×2]
カーポート内が、やや暗く感じるのは、屋根材に熱線吸収ポリカーボネートを使用したことによります。真夏の太陽の熱線をカット出来そうです。ポルシェ君も落着けそうです。また、いままでのカーポートより、柱が3cmほど太いので、狭い駐車スペースがさらに狭くなりました。

最近は、DIY店の展示場で現物を見ることが難しくなっているため、近所を歩き回り現物を探しました。高級感もあり、また、設置数の少ないことも選択肢でした。

関連記事:
KARCHER <ケルヒャー> K2.900/50Hz 高圧洗浄機 サイレント(50Hz用) 購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-10-18

セルスター VA-585G GPSレーダー探知機を購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-10-12

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 納車
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-09-20

ポルシェ 911 カレラ<Type 991> 購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-06-26


nice!(0)  コメント(0) 

KARCHER <ケルヒャー> K2.900/50Hz 高圧洗浄機 サイレント(50Hz用) 購入 [車]

KARCHER <ケルヒャーK2.900/50Hz 高圧洗浄機 サイレント(50Hz用) を購入しました。[るんるん]KARCHER_K2900-50Hz .jpg

今度、買換えた車はブレーキダストが多く、アルミホイールがすぐ汚れてしまいます。柄付スポンジで洗いますが、幅広タイヤのため手が届きません。さらに、ナット部分はブラシなどでこすらないとです。
狭い駐車場では、大変な作業になります。
そこで、前から欲しかった高圧洗浄機を購入しました。静音タイプなので、同等モデルと比べた体感音は約半分とのことです。あわせて、ワンタッチカップリングも購入です。

ところが、入荷したので、早速、設置を行い電源を入れたところ、ウンともスンとも言いません。初期不良です。
即、購入元のAmazonに連絡したところ、翌々日には代替品が到着しました。代替品は正常に動作しました。
でも、大手のケルヒャーが、不良品を出荷するなんて、情けないですね。品質管理はどうなっているのでしょうか!

音も静かで、洗浄音の方がはるかに大きいです。トリガーガンは軽く、高圧ホースが細いので、取り回しが非常に楽です。水道ホースより、ずうっと楽ちんですネ。
注意点は1つ。洗浄水が撥ねるので、作業時は雨合羽のズボンが必要です。

ついでに、コンクリート部も洗浄して見ましたが、コケなどの頑固な汚れも落ちて、綺麗になります(サイクロンジェットノズル使用)。

その後、狭いところなどの洗浄用の、首が90°曲がっている、KARCHER アンダーボディスプレーランス 2638-817 を購入しました。


nice!(0)  コメント(0) 

セルスター VA-585G GPSレーダー探知機を購入 [車]

セルスター VA-585G GPSレーダー探知機を購入しました。[るんるん]va-585g[2].jpg

高性能なスポーツカーで走っていると、どうしても、オーバースピード気味になります。特に、安定度の良い車では、速度感覚が鈍ります。
前愛車のフェアレディZにも、取付けていたこともあり、常に自制心を保つために、レーダー探知機を購入しました。

最近のレーダー探知機は、単純にレーダー波を受信して警報を出すのではなく、GPS情報から自車位置を特定し、走行している道路の近くの各種情報を表示します。例えば、「近くに小学校があります」とアナウンスされるので、子供の飛び出しを予測してスピードを落とすことができます(モード:オール)。
良く通る道路でも、知らなかったことがアナウンスされ、退屈しないで済みます。
セルスターは、データー更新が無料で出来るのがメリットです。

もちろん、速度取締ポイントやオービス設置場所の近くでは、注意のアナウンスがあります。

感圧式のタッチパネルの感度が、少し悪いのか、やや強めに押さないと動作しません(感圧式)。あるいは、爪先で操作すると多少は良いです。よって、フリック操作などは、いまいちです。設置位置にもよりますが、付属リモコンの方が重宝するかもしれません。タッチ式は、iPadなどの静電式の方が、スムーズな操作が出来そうです。(方式の差ではなく、設計の差ですネ。)
また、購入後、1週間程度経過したころ、GPSを受信しなくなりましたが、約半日程度そのままにしておいたら自然に直りました。その後は快調です。

[黒ハート][黒ハート]約1か月使用してみての感想:
購入時からモードセレクトを”オール”にしていましたが、おしゃべりすぎるので、”標準”モードにしました。

[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]約1年半後の、2016年2月に故障してしまいました。でも、この製品は3年保証のため、無償修理になりました。
走行中、突然、GPS衛星受信数が0になり、その為、地図はフリーズして、警報もだんまりになりました。近くに設置してあるクラリオンのナビは正常にGPS衛星を受信しているので、明らかにレーダー探知機の故障です。
修理依頼をしました。ネットで案内されている通り、ほぼ営業日数7日で修理品が戻ってきました。
作業内容は、修理報告書に「GPSチューナー修正」と書かれていましたが、修正って何?です。また、点検報告書が添付されていましたが、それには「今回、障害が発生しづらい部品へ修正させていただきましたので……」と記載されていました。


nice!(0)  コメント(0) 

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> 納車 [車]

ポルシェ 911 カレラ<Porsche 911 Carrera Type 991> が納車されました。[るんるん]Porsche911.jpg
発注後、ほぼ3か月での納車です。

キャリアカーで運ばれてくると思いきや、なんと、下取り車に乗って引き取りに来てくださいとのこと!
操作説明の後、花束とともに記念写真を撮り、記念品のワインを頂きました(普段着での撮影)。ポルシェ流の納車式といったところ。まあ、思い出にはなります。
新車保管場所のディーラー展示室から外の駐車場に出すための、エンジン始動のエンジンサウンド。この音を何年待ったことか!。本当にいい音でした。ウルルでした。[揺れるハート]
帰り道のドライブは、非常に緊張しました。きっと、もたもた運転だったことでしょう。

購入したメリットは…、どんな車(たとえフェラーリでも)を見ても、羨ましくなくなりました。[グッド(上向き矢印)]
購入したデメリットは…、かっこ良いポルシェのスタイルが、運転していると見れないこと[バッド(下向き矢印)]

さて、まずは第一印象(今までの愛車Z32との比較になります。):
・ボディカラーの、アゲートグレーメタリックは、ガンメタをやや明るくした感じの色。光の関連で暗くも明るくも見えます。写真・右は、やや暗く見えてます。なにせ目立つ車なので、色は地味にしました。
・グローブボックスの開け閉めや、ドアーのロックスイッチなど、すべて、新しいせいか固い(質実剛健?)。
・ブレーキペタル、アクセルペタルが内振りで、慣れないと親指だけでアクセルペタルを踏んでしまいます。
・右ハンドル車なのに、ウィンカーレバーが左側、ワイパーレバーが右側です。--使い勝手は、最悪!。たまに、ワイパーが動きます。右ハンドルの輸入車の常識?!。

走り出しての印象:
[雷]小径ハンドルのせいか、ハンドルに遊びがないのか、非常にシャープな動きをします<Option:スポーツデザインステアリングホイール>。
[雷]ブレーキが非常に超強力。食いつくようです。丁寧に丁寧に、ブレーキングをしても、ボンネットに水を入れたコップを置いたら、必ずこぼれます。教習所でのブレーキングを思い出しました。時速200km/hから5秒で停止するブレーキ仕様です。時速200km/hで、フルブレーキングできることが脅威ですが、これが、非常に安心感につながります。
[雷]安定度が良く地面に吸い付くように走るので、スピード感が少ないです。しかも、スピードメーターが小さいので、オーバースピードに要注意。一般道路で40km/hだと渋滞時のノロノロ運転に感じます。60km/hで動き出したかな?程度。
[雷]有り余るパワーで、一気に加速。右足に自制心のない人にはお勧めできません。免許証が何枚あっても足りませんネ。
[雷]PDK(オートマ風)は、変速ショックもなく、もたつきもなく、完璧。クリープ現象というか半クラッチ状態も完璧。さらに、跨線橋を越えるときのような急坂道発進も、Holdモードが働き、完璧に発進できます。楽すぎて、もう、マニュアル車には戻れないです。ハイパワー・マニュアル車での、混雑時坂道発進は、非常に気を使いました。PDKが理由か、とにかく運転し易いです。
[雷]ドアーミラーに映る像の3分の1は、自車の、張り出したリヤー・タイア・ハウジング。
[雷]信号待ちの時のエンジンストップ(エンジン・オート・スタート/ストップ)は、やはり、恥ずかしい感じ。エンストをしているようでもあり、また、ガソリンをケチっているようでもあります。ドライブ前に、毎回、スイッチを押してキャンセルしています。
[雷]何と言っても、気分よく走れます。特にスピードを出していなくても、追越し車線は空けてくれます。

[右斜め上] [右斜め上] [右斜め上] [右斜め上] [右斜め上] [右斜め下] [右斜め下] [右斜め下] [右斜め下] [右斜め下]

[ひらめき]で、素人の私が、911の走りについてコメントすることは無いので、あまり話題にならない、標準装備の純正ナビゲーションシステムの話です。
メーカーは、クラリオン。形名GCX623。取扱説明書には、"ROAD EXPLORER SA 3.0"の表記があります。
この形名は、クラリオンのWebサイトには無いし、Smart Accessサイトでの機種登録もできません(サイトの機能が限定されます)。
そこで、実機ナビの「メニュー」→「情報」→「本体情報」をクリックすると、
 メモリーナビ
 通信対応ナビゲーション
 ----------
 タイプ:ポルシェ
 機種名:NAV6PJ6421E
 機種コード:QY7423W

と表示されました。これなら、Smart Accessサイトへ登録もできます。
ちなみに、大昔の第1世代のナビゲーションも、メモリーナビでした。PCMCIA型メモリーカードで地図が供給されていました。そのナビも、CD→DVD→HDD→SSD(メモリー)と進化したのです。
ナビには、DSC012 DSRCユニット(ETC+)のOptionが付いています。さらに、CMM-58Jナビ・キャンセラーが付いています。
なお、クラリオンのWebサイトから、NX713の取扱説明書をダウンロードして、納入時付属の純正ナビゲーションの取扱説明書を比較したところ、「オーディオの音質を設定する」項目(機能)を除き、同じように思えました[exclamation&amp;question]。ナビの外観もNX713にそっくりです。
"ROAD EXPLORER SA 3.0"でネットを検索すると、NX714がヒットします。

SDカードの交換は、いちいちナビのパネルを空けないとできません。その点、USBメモリーは延長ケーブルをつけておけば、即交換できます。Web記事を参考にしてケーブルを取付け、USBメモリーを使えるようにしました。
一旦、ナビを引き出すために、セレクターレバーをD位置に移動させますが、これは、911の取扱説明書のP248に詳しく書かれていました。電気系統の故障でレッカー移動する時には、レバーを強制的にN位置にする必要があるためです。

Porsche_key.jpgナビのリモコンが付属しています。これがあると、社外品のステアリング取付学習リモコン(DN-84465など)を買ってきて、学習させることが出来ます。
但し、ナビのオーディオ機能部のボタンは正しく機能するが、ナビ機能のボタンは、コードが長いのか(?)上手く機能しない学習リモコンもあります。
家庭のエアコンのコードを学習できない学習リモコンがあり、周知の事実ですが、ナビ機能を学習できないのも同じ理由でしょうか?

愛嬌で、Key Case Housing Cover US$19.99 + $1.99(ボディ同色キー・ハウジング)と、Porsche Decal Sticker  US$19.00 + $5.55をeBayで購入しました。Decalはボディ用をグローブボックスに貼りました。Key Case は3年ほど使ってますが、塗装がはがれるなどの不具合は、起こってません。

[車(セダン)]関連記事:[車(セダン)]
パイオニア TS-WX910A 購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2015-03-17

LIXIL-TOEX キューブポートプラス カーポート 購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21

KARCHER <ケルヒャー> K2.900/50Hz 高圧洗浄機 サイレント(50Hz用) 購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-10-18

セルスター VA-585G GPSレーダー探知機を購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-10-12

ポルシェ 911 カレラ<Type 991> 購入
http://susumu-oiso.blog.so-net.ne.jp/2014-06-26


nice!(0)  コメント(3)